ISO22000食品安全マネジメントシステム

ISO22000

食品安全マネジメントシステム(FSMS)は、最終顧客となる消費者に安全な食品を提供し、フードチェーン内の食品安全を脅かすハザード(危害要因)を適切に管理するための仕組みを採用することを目的にしています。
FSMSを採用することで、材料の取得から製造、納品に至るまでのハザードの管理を継続的に改善するためのシステムが実現し、企業の信用力の向上で、取引の拡大が期待されます。

IS022000-認証取得のメリット

  • 「HACCP制度化」に準じた、法令順守が証明できる
  • 企業の食品安全活動を導入の証明ができる
  • 消費者、発注者それに協力会社に安心と信頼を与える
  • 一般衛生管理システムが作動し、食品安全のリスクを低減もしくは解消することができる

IS022000-認証取得の流れ

  • 無料相談

    申請から認証取得までの期間や費用、手続きの方法、提出書類、審査要領(第一段階、第二段階)等について、ご説明します。

  • 審査契約

    審査申込みが完了すると、審査契約の手続きを行います。審査契約完了と審査費用の入金確認後、審査計画書を発行します。

  • 第一段階審査

    マネジメントシステム文書の内容を確認します。また、想定される食品ハザード、マネジメントシステムの運用の状況を確認します。

  • 第二段階審査

    現地にてマネジメントシステムのすべての要求事項に対する適合性、活動内容や運用の状況、それに記録の有効性を確認します。

  • 評議委員会での判定

    審査で発見された不適合の解消を条件として、審査の結果を評議委員会において判定し、認証が決定され、認証証が発行されます。

  • サーベイランス

    認証取得後、1年毎に実施される維持審査です。マネジメントシステムが継続して規格を満たし、維持・改善されているかを確認します。

  • 再認証審査

    審査は、3年サイクルで実施し、有効性が認められると認証証が再発行されます。審査には、ISO規格への適合性、改善の確認が含まれます。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせは
お気軽にご連絡ください。

電話
0800-888-6688 (受付:平日 10:00-16:00)

関連リンク